汎用性の高さで普通の棚を活用

学校用品の収納方法として、汎用性の高さから普通の棚を活用する場合について考えてみました。
カラーボックスを利用することも、大きくいえば普通の棚を利用することと同じだと思います。
カラーボックスに限定しないで、ホームセンターや大型スーパーマーケット、家具専門店などの店舗、
インターネット通販などそれこそ探し回ればいろんな種類の棚があります。
もちろん値段も1,000円~それこそ何万円というものもあるのがこの場合です。
その分、もちろん利用方法も学校用品収納としての利用しなくなった場合、別の収納として利用しやすいです。
そして、リビング学習をする場合、学校用品もリビングに収納できる方が便利です。
そこで、リビングに収納を置いておきたいけれど、
すでにあるリビング家具との統一感も大事にしながら収納することができます。

メリット
  • 選択肢がたくさんある(価格、デザインなど)
  • 周りの家具との統一感を持たせることができる
  • 学校用品収納以外の用途もたくさんある
  • デメリット
  • 価格が比較的高い
  • 選択肢があるため、なかなか思い描くものを探すのが大変


  • わが家では、
    ①価格選択肢があったこと
    ②学校用品収納以外の用途がある
    以上の二点を重視して、普通の棚を利用することにしました。
     参考:わが家の入学準備~学校用品収納~

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    /*解析用タグ*/ /*携帯サイト解析用imgタグ*/