麻しん風しん混合ワクチン(MR)

麻しん風しん混合ワクチン(MR)

麻しんウイルス及び風しんウイルスを弱毒化して作ったワクチン。
1歳~2歳に麻しん又は風しんにかかる可能性が高いので、1歳になったらなるべく早く1回目の予防接種を受けるようにする。
小学校就学前の1年間(幼稚園等の年長児)が2回目の接種時期です。
予防接種もひと段落した頃に2回目の接種時期がやってくるので、
忘れないようにぜひもういちど確認して、入学準備の一つとして行いましょう。
※ガンバグロブリンの注射を受けたことがある子の接種時期は、かかりつけ医と相談すること。

参照:日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール

病気の説明

・麻しん(はしか)
麻しんウイルスの空気感染によっておこる。
感染力が強く、予防接種を受けないと、多くの人がかかる病気。
肺炎や中耳炎、時には脳炎を合併し、入院したり、死亡したりすることもある重い病気
感染力は非常に強い

症状:始めの2~3日は熱、咳、鼻水、めやになどでかぜと区別がつかない
いったん熱が下がり、再び高熱がでて、発疹があらわれる
発疹がでてから、さらに数日高熱が続く
熱は1週間近く続く

治療:麻しんウィルスの特効薬はなく、解熱剤や咳止めなどの対症療法しかない

風しん

近年、全国で爆発的に風しんの感染が報告されている
妊婦が妊娠初期に感染すると、胎児に先天性風しん症候群(脳疾患・心臓疾患・白内障など)がでる

症状:発熱・発疹・リンパ腫脹

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
/*解析用タグ*/ /*携帯サイト解析用imgタグ*/