手作り手さげバッグ〜キルティング生地を使う〜


幅42cm×高さ27cm×マチ6cmの裏袋布つき手さげバッグ。
ここでは、キルティング地を使用して、切り替え模様で作ってみました。
手さげバッグなどは耐久性が必要になるので、キルティング地や厚手木綿などが向いていますが、中肉木綿(オックスプリントなど)で作る場合、接着芯を貼って補強すれば作れます。
薄手の布地に接着芯を利用して作ったものはこちら(手作り手さげバッグ〜薄手の布と接着芯を使う〜)を参照してください。

必要なもの

■ 生地(袋布)……………45cm×65cm
■ 生地(底布)……………50cm×20cm
■ 生地(裏袋布)…………45cm×65cm
■ カラーベルト……………2.5㎝幅70cm




※画像をクリックすると大きく表示されます

作り方

※すべての画像がクリックすると拡大表示されます

  1. ポケットをつける
  2. ポケット用布の入り口部分になるところを
    ミシンで縫う
    ポケット用布の両端と底部分を1㎝折る
    袋布(表面)にミシンで縫いつけ

  3. 袋布を合わせる
  4. 袋布2枚と底布を裏側から縫い代1㎝で
    重ねて縫い合わせる
    縫い合わせた後の縫い代は、底布側に倒しておく
    縫い合わせた布を表に返す
    縫い合わせた縫い代部分を、ミシンで縫う

  5. 取っ手をつける
  6. 袋布の表面にする
    両端に取っ手を縫いつける

  7. 裏袋布をつける
  8. 袋布と裏袋布の表面が重なり合うようにする
    両端(取っ手がついている部分)をミシンで縫う

  9. 端を縫う
  10. 前工程で縫った部分が重なるように、中から開き重ねる
    (袋布地と裏袋布地がきれいに重なるように気を付ける)
    両端をミシンで縫う
    このとき、片側は返し口(約10㎝)を残す

  11. マチ部分を縫う
  12. 裏袋布2か所、袋布2か所のマチ部分をミシンで縫う

  13. 返し口から裏返す
  14. 返し口から裏返す
    裏返した後、返し口をミシンで縫う

  15. 口部分を縫う
  16. 裏袋布を袋布の中にきれいに入れる
    形を整えたあと、バッグの口部分をミシンで縫う
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
/*解析用タグ*/ /*携帯サイト解析用imgタグ*/