学童保育について

学童保育について

保育園に通っていたり、幼稚園に通っていても働いているママもいると思います。
小学校入学を機に働き始めようと考えていることもあると思います。
1年生の4月は意外と早く下校します。
なので、日中不在がちな場合、放課後の子供の居場所を確保する必要があります。
授業終了後(長期休暇中は午前中)から、指導員の保育の下で宿題をしたり、おやつを食べたり遊んだりして、仕事を終えた保護者が帰宅するまでの時間を過ごす場所が学童です。

申込み時期 前年秋頃から申請開始が多い
定員があり、定員に達した時点で申込み終了となる
申込みの規定(必要書類) 就労証明書は必要?不要?
対象年齢 基本1年生~3年生がほとんど
4年生以降もOKの場合もあり
預かり時間 授業終了後~19時頃まで
料金 無料~
自治体によってさまざま
長期休みや休日は別料金の場合もある
プログラム キャンプ、クリスマスパーティー、
餅つき等の行事が行われるところもある

年度途中から学童に入ることもできる場合がありますが、どこも定員があるので必ず希望通りにはいかないことが多いと思います。
「小1の壁」と言われるほど、働く多くの方の悩みの種でもあります。
民間のものもありますが、小学校に併設された地方自治体の学童を第一に考える方が多いと思います。
定員もあるので、本当に必要な場合、準備が早いに越したことはありません。
あくまでも一例として挙げているだけで、各自治体によって異なります。
一度、住まいのある地方自治体に問い合わせてみるといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
/*解析用タグ*/ /*携帯サイト解析用imgタグ*/