ランドセル豆知識〜人気のランドセルの傾向から購入チェックポイントを確認〜

小学校入学準備でまず最初に考えることが、ランドセルですよね。
小学校気分を盛り上げるのにも重要なアイテムになります。
人気の色や形は売り切れてしまう場合や、締め切られてしまう場合もあります。
早めに検討はじめて、お気に入りのランドセルで小学校生活をスタートしましょう。

個性があふれるランドセルカラー

昔は女の子は赤、男の子は黒というのが定番でした。
今は「定番」という色がないような感じがします。
入学式で男の子は黒が多い印象を受けましたが、よく見ると、縫い糸やふちに赤や青といったアクセントがあるデザインが多い気がしました。
女の子は、最近よく聞くのがパール系の紫色やサイドや表に刺繍が入っていたりなど、細かいところまでこだわっているようにも感じました。
6年間使うものなので、好きな色のランドセルを選んで、やる気をアップしましょう。

ランドセル人気カラー(男の子)ランドセル人気カラー(女の子)

オーダーメイドランドセルも人気!!

子供の体系や好みに合わせて細かくカスタマイズできるので、
自分専用のランドセルをつくることができるオーダーメイドランドセルも最近人気です。
カラーの組み合わせのみを選ぶセミオーダーメイドは価格も既製品で売られているものと同程度で
購入できるものもありました。
購入締切が早かったり、納期が長くなってしまいますが、自分好みのものを購入すると愛着も湧くかと思います。

ランドセル選びのチェックポイント

大きさ
(サイズ、収納力)
現在低学年の教科書や学校からの配布物はA4サイズが主流なので
A4サイズ対応が必須。
A4フラットファイル対応とA4クリアファイル対応があるので、要確認。
教科書以外にも体操服や歯ブラシセット、上靴など収納できるだけの
大きさがあると登下校時に両手があくので安全でいい。
軽さ ランドセル自体の重さしか、資料等には書いてない。
教科書を入れた状態を考えて選ぶ。
背中にフィットしているか?
背中にあたるクッション性は大丈夫か?
子供は汗っかきなので、中央部分にくぼみがあるなど熱を逃す工夫が
あるものもおすすめ。
背ベルト 中に教科書を入れたときに肩にかかる負担を少しでも少なくする工夫が
あるか?
肩のラインにフィットさせることができるか?
色、形、デザイン オーダーメイドではなくても、外装飾やふち、かぶせ裏の柄、
刺繍の有無などいろんな種類がある。
外装、表皮 コードバン、牛革、人工皮革(クラリーノ、タフガードなど)。
価格 1~10万円以上など価格は様々。
素材によって価格差がある。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
/*解析用タグ*/ /*携帯サイト解析用imgタグ*/